本文へ移動

商店街の概要

川口銀座商店街振興組合の歩み

資料提供:川口市(昭和30年12月川口銀座通りの風景写真)※「無断転載を禁じます」
明治の終わりごろ、川口駅町(現在のJR川口駅)が開設し、鋳物産業と共に、商業やサービス業の集積が始まりました。 長い歴史の流れの中、「川口銀座商店街振興組合」は昭和34年5月に「協同組合 川口銀座」として誕生しました。埼玉県南部の  賑わいある商店街です。
 
1959 協同組合「川口銀座設立」。
          ・川口市役所庁舎完成
1962 商店街有線放送開始。
          ・青木町公園総合運動場完成・市民プール完成・映画「キューポラのある街」公開
1963 商店街振興組合法施行に伴い組織を変更し、名称を「川口銀座商店街振興組合」と
     改称する。
          ・黒部ダム完成・「鉄腕アトム」放映開始・ボーリングブーム到来
1970 イトーヨカドー川口店オープン。歩行者天国開催。
          ・川口駅前地下駐車場完成・地下商店街完成・大阪万国博覧会開催・東京代々木公園が開園
1976 大型店出店の対応策として、商店街お客様駐車場(約70台収容)を開所。
     ・「徹子の部屋」放送開始・カラオケが発売・「クロネコヤマトの宅配便」スタート
1977 大丸百貨店オープン。
          ・王貞治氏本塁打世界記録(当時756本)達成・子ども達の間でスーパーカーブーム
1980 ショッピングモール計画に関する調査を実施。
          ・ルービックキューブ日本に登場
1981 グリーンプラザモール化工事着工。
1982 愛称募集の結果、ショッピングモールの愛称が「樹モール」に決定。
          ・カード式公衆電話が登場
1983 リリーアレイモール化工事着工。
          ・東京ディズニーランド開園・ファミリーコンピューターが発売
1984 コミュニティプラザ整備工事着工。
          ・NHK衛星放送開始・焼酎が大ブーム
1985 樹モール竣工。樹モール有料自転車駐輪場オープン。「朝の母子像」除幕式。
          ・両国の新国技館完成・始めてCD-ROMが発売
1986 「コミュニティプラザ」落成式。樹モール完成記念「ミス樹モールコンテスト」開
          催。「たたら祭り前夜祭サンバパレード」開催。
          ・使い捨てカメラ「写ルンです」登場・宅配ピザ開店
1990 「樹モールフェスティバル」開催。
          ・川口総合文化センター「リリア」オープン・ルーズソックス流行
1991 ・そごう川口店オープン
1993 美化促進事業スタート。
          ・ゴリラ公園オープン・Jリーグ開幕
1994 めだかふぁみりぃが運営する「すいーつばたけ」開所(2019閉所)。
          ・川口市立医療センター落成
1997 「樹モールビル」取得。
          ・川口市高齢者総合福祉センター「サンテピア」オープン
2000 「燦ぎゃらりー」開所。(2019閉所)
          ・ボランティアサポートステーション設置
2001 「樹モール祭」クラフト&アート開催。2002サッカーワールドカップ公認グッズ販
          売。
          ・地下鉄埼玉高速鉄道線開通・東京ディズニーシーがオープン
2003 樹モール健康フェスタ2003「健康ふれあい広場」開催。
          ・サッポロビール㈱埼玉工場閉鎖・「SKIPシティ」街びらき
2006 「樹モール防犯カメラ」30台運用開始。小鹿野「こども歌舞伎樹モール公演」「小
          鹿野歌舞伎横丁」を開催。
2008  「川口市安行地区」との地域間交流事業に着手。
         ・埼玉高校総体(インターハイ)のメダルを川口の鋳物で製作
2009  「自然ふれあい祭り」~安行の里山がやってくる~開催。「安行の紅葉まつり」開
          催。「長野県飯山市」との地域間交流事業に着手。
          ・川口市自治基本条例を施行
2010 川口銀座商店街「組合設立50周年記念式典」開催。記念写真展「川口銀座商店街
         (振)50年の歩み展」開催。記念DVD「翔たけ未来へ」作成。記念誌「川口銀座商
          店街(振)50年の歩み」作成。
          ・川口市/鳩ケ谷市(法定)合併協議会設置
2011 未曽有の自然大災害「東日本大震災」が発生し商店街も一部影響をうける。又、計
          画停電の実施区域となる。
          ・鳩ケ谷市と合併し新「川口市」誕生・川口市マスコット「きゅぽらん」誕生
2012 自然災害被災地復興支援(後に復興応援)事業に着手。古山拓個展「東北風景」開
          催。
          ・「川口宿 鳩ケ谷宿 日光御成道まつり」開催
2013 情報発信拠点「情報館 燦プラザ」開所(2019閉所)。自然災害被災地復興支援事
          業として「遠野まごころネット/東日本大震災復興支援ブース:自然ふれあい祭り」
        「岩手県の物産・手仕事品販売:燦プラザ」「語り部くぎこ屋/陸前高田被災地から学
          ぶ地域の防災対策:栄町公民館」「長野県栄村/蕨から移住した秘境・秋山郷の魅
          力:市民パートナーステーション」「長野県栄村特産品販売・観光PR展:燦プラ
          ザ」「岩手県田野畑村/利き牛乳ゲーム:燦プラザ」「岩手県田野畑村北山崎の新し
          い観光アプローチ:栄町公民館」「岩手・宮城県の物産・手仕事品販売:燦プラ
          ザ」「遠野まごころネット/被災地支援のこれまでとこれから:栄町公民館」を開
          催。
    平成25年度:商店街活性化事業実施。
          ・2020年東京五輪開催決定
2014 自然災害被災地復興支援事業として「岩手・福島県の物産・手仕事品販売:燦プラ
          ザ」「岩手県の工芸品展示会:燦ぎゃらりー」「福島復興かぼちゃ『いいたて雪っ
          子』を活用した取組:燦ぎゃらりー」「遠野まごころネット/東日本大震災被災地復
          興支援ブース:自然ふれあい祭り」「石巻のこどもたちから『ありがとう展』:燦
          ぎゃらりー・燦プラザ」「岩手県田野畑村の食と観光PR:栄町公民館・燦プラザ」
        「岩手県大槌湾ほたて養殖組合/東日本大震災復興支援ブース:安行の紅葉まつり」を
          開催。
          平成26年度:商店街活性化事業実施。
    平成26年度:商店街まちづくり事業実施。
    川口市地域貢献事業者に認定される。
2015 自然災害被災地復興支援事業として「遠野まごころネット/絆デザイン魅力創造事業
          手創り品展:燦ぎゃらりー」「岩手県山田町第八開運丸/三陸海の幸販売と漁師の浜
          焼き:燦プラザ」「『ツタエル2015』千葉拓人写真展:燦ぎゃらりー」「岩手県山
          田町第八開運丸/漁師の浜焼き:自然ふれあい祭り」を開催。地球温暖化防止啓発事
          業着手「川口市地球温暖化防止活動推進センター/夏休みエコ自由研究相談コーナ
          ー:燦プラザ」「荒川夢クラブ/川口を歩こうから川口のあしたへと:燦プラザ」
        「ゴミの分別・リサイクルなんでも相談コーナー:燦プラザ」を開催。
2016 自然災害被災地復興支援事業として「岩手県山田町第八開運丸/三陸海の幸販売と漁
          師の浜焼き:燦プラザ」「岩手県大槌町『マタギ倶楽部ハチミツ販売』:燦ぎゃら
          りー」「岩手&熊本被災地支援販売会:燦ぎゃらりー」「熊本地震被災地応援『流
          しそうめん』:自然ふれあい祭り」「岩手県山田町第八開運丸/漁師の浜焼き:自然
          ふれあい祭り」「岩手県大槌町『マタギ倶楽部ハチミツ販売』:燦プラザ」を開
          催。地球温暖化防止啓発事業として「川口地球温暖化防止活動推進センター/エコ住
          宅情報コーナー:燦プラザ」「川口市地球温暖化防止活動推進センター/ecoキャラ
          バンおじゃま虫in樹モール:燦プラザ」「食品ロス削減検討チーム川口/フードドラ
          イブ:燦プラザ」「川口市地球温暖化防止活動推進センター/ecoキャラバンおじゃ
          ま虫in自然ふれあい祭り」「川口市地球温暖化防止活動推進センター/夏休みにエコ
          で遊ぼう:燦プラザ」「荒川夢クラブ・NPO法人まちづくり川口/川から発信するま
          ちづくり:燦プラザ」「川口市廃棄物対策課/レジ袋使用量削減啓発キャンペーン:
          燦プラザ」「川口市地球温暖化防止活動推進センター/ゴミの分別なんでも相談コー
          ナー:燦プラザ」「川口市廃棄物対策課/彩の国エコぐるめ協力店募集事業:燦プラ
          ザ」「川口市地球温暖化防止活動推進センター/ecoキャラバンおじゃま虫in安行の
          紅葉まつり」を開催。
          平成28年度:サービス等生産性向上IT導入支援事業実施。
    街路灯照明をLED化。
2017 燦プラザに東日本大震災の被災者支援活動を続けるNPO法人遠野まごころネット
    「被災地応援ショップ・みちのく社中」開所(2019閉所)。自然災害被災地復興支援
          事業として「岩手県山田町第八開運丸/三陸海の幸販売と漁師の浜焼き:燦プラザ」
        「みちのく社中/奇跡の米『大槌復興米』、『たえの酒』、『藤勇十割糀みそ』、『ラ
          イスプリン』販売:燦プラザ」「岩手県山田町第八開運丸/漁師の浜焼き:自然ふれ
          あい祭り」「埼玉県商店街振興組合連合会/『全県一斉商店街祭り』岩手・熊本の酒
          と食で復興応援:燦プラザ」「大槌商工会・久慈市山形総合支所/東日本大震災復興
          応援ブース:安行の紅葉まつり」を開催。地球温暖化防止啓発事業として「川口市
          地球温暖化防止活動推進センター/ecoキャラバンおじゃま虫『窓の断熱について普
          及啓発』:燦ぎゃらりー・燦プラザ」「川口市地球温暖化防止活動推進センタ
          ー/LEDに関する情報提供&相談コーナー:燦プラザ」「認定NPO法人川口市民環境
          会議/エコライフDAY啓発活動:燦プラザ」「荒川夢クラブ/川の恵みの贈り物:燦
          ぎゃらりー」「川口市地球温暖化防止活動推進センター/ecoキャラバンおじゃま虫
          in自然ふれあい祭り」
2018 自然災害被災地復興支援事業として」「みちのく社中/菊池まるごと市場『熊本県菊
          池市の野菜マルシェ』:燦プラザ」「岩手県山田町第八開運丸/漁師の浜焼き:自然
          ふれあい祭り」「みちのく社中/自然災害復興応援ブース:安行の紅葉まつり」を開
          催。
2019  川口市栄町3丁目銀座地区市街地再開発事業工事着工。
          秩序ある街並みと賑わいづくりを目指し「まちづくりパートナーシップ勉強会」発
          会(川口都市開発・川口市・川口銀座商店街)。
          ・元号が「令和」となる・全世界的に新型コロナウイルス感染症拡大・日本ラグビーワールドカップ開催
2020 Web会議システム導入。
          ・彩の国『新しい生活様式』安心宣言・小惑星探査機「はやぶさ2」が地球に帰還
2021 街路のリニューアル第1期工事のための準備工事着工・完了。
          ・そごう川口店が閉店 
2022 街路のリニューアル第1期工事着工。
2023 川口市栄町3丁目銀座地区市街地再開発事業工事完了(予定)。
          街路のリニューアル第1期工事完了(予定)。

役 員

役 職
氏  名 
店 名
理事長
白井 慎一
ミルウォーキーズクラブ
副理事長
矢澤 昭人
マツマル
副理事長
坂巻 健司
ボングー
理事
田中 宣充
 天地堂
理事
小熊 順子
中野屋茶舗
理事
小田倉 晴久
小田倉商店
理事
小林 淳一
小林洋品店
理事
小林 真人
樹モール歯科
理事
野田 清文
ヤマイチ
理事
阿部 大史
サンエイ
監事
小林 政仁
小林合同会計
監事
小林 友行
香楽園
TOPへ戻る